《ビジネス部門 通過者5名》

西村 裕作  『福祉と観光、教育を融合させた「さぬき工房 J・ブルー(スイーツ&雑貨)事業」』
須﨑 大毅  『着物に光を 香川に未来を 日本の文化を・・・』
岸田 智子  『讃岐平野で眠る薬草「うまぶどう」 生き抜いてきた植物には命が満ちている!』
黒田 雄三  『瀬戸内“やまくじら”プロジェクト』
藤井 崇文  『うどん県は実は「茶の湯」県でもあった! ~“いにしえの讃岐文化”でインバウンド拡大!~「茶の湯体験パッケージとそのPR事業」』

《地域公共部門 通過者5名》

松下 一哉  『子ども版MBAによる中心市街地活性化』
若林 友美  『移住ママによる移住ママのためのマッチングプラットフォーム』
平澤 孝   『メディカル・スパ・リゾート&ツーリズム:フライト&クルーズ』
田中 未知子 『スポーツと表現活動が合体した新しい教室「フィジカルアート・トレーニング」デリバリー事業』
志澤 愛   『小豆島そうめん中核ブランド「島の光」起死回生プラン』

《公開審査会 開催概要》

開催場所:  オリーブ・スクエア 2F 多目的ホール
香川大学 幸町北キャンパス内
香川県高松市幸町1−1

開催日:   11月25日(土)
開場:12:00
開演:12:30
終演:17:00



※ご来場の際は、大学内の駐車場は使用できません。
公共交通機関または、近隣の有料パーキングをご利用ください。











第1部基調講演で、「学生服リユースShopさくらや」の成長の舞台裏と今後ビジネス展開について紹介する㈱サンクラッドの馬場代表




第2部パネルディスカッションでは、徳倉社長(㈱ファミーリエ)がコーディネーターを務め、馬場代表、菅代表(かすがいジャパン㈱)、古川理事長(高松丸亀町商店街振興組合)、原実行委員長をパネリストに、「“地域のためになる”をビジネスにするヒント」について討論しました。






香川の地元企業がアイデアの実現化をサポートします!
(協賛企業:50音順)

愛染興業株式会社 穴吹興産株式会社 株式会社イトーキ四国支店
株式会社香川銀行 香川証券株式会社 協和化学工業株式会社
グッドラック・プロモーション株式会社 株式会社広立
コカ・コーラ ボトラーズジャパングループ 四国コカ・コーラボトリング株式会社 株式会社COCOLO TOKIO
社会福祉法人サマリヤ JAグループ香川 (JA香川県、JA香川中央会、各連合会)
四国OAシステム株式会社 四国旅客鉄道株式会社 株式会社シニアライフアシスト
新日本印刷株式会社 新日本ツーリスト株式会社 新日本有限責任監査法人
株式会社セイア セーラー広告株式会社 大和証券株式会社高松支店
中央開発株式会社 株式会社中国銀行 株式会社日進堂
株式会社ネクサス ネッツトヨタ高松株式会社 野村證券株式会社高松支店
株式会社百十四銀行 株式会社ヒューマンアイズ 富士ゼロックス四国株式会社
株式会社保険見直し本舗 ミサワホーム四国株式会社 株式会社ムレコミュニケーションズ
株式会社読宣四国 株式会社ワオ・コーポレーション



<主催> 地域事業構想サポートプロジェクト実行委員会
<共催> 香川大学大学院 地域マネジメント研究科
<後援>
香川県、高松商工会議所、(一社)香川経済同友会、香川経営者協会、香川県中小企業家同友会、 香川県商工会連合会、(公社)高松青年会議所、四国新聞社、朝日新聞高松総局、読売新聞高松総局、 毎日新聞高松支局、産経新聞高松支局、日本経済新聞社高松支局、NHK高松放送局、RNC西日本放送、 KSB瀬戸内海放送、RSK山陽放送、OHK岡山放送、TSCテレビせとうち (順不同)