教員紹介(50音順)

原 真志  (hara.shinji)
研究科長
総覧

地域マネジメント論
クリエイティビティと地域活性化
実践型クリエイティブワーク演習
ライフアントレプレナーシップ

[地域マネジメント論]
地域のマネジメントには何が求められるか?企業にとって地域の意味は何か?地域の様々な課題を解決するポイントは何か?ネットワーク・知識創造・リーダーシップ・クリエイティビティ・信頼などのテーマを、ケースと理論の両面から考えます。地域活性化に取組む際に共通して必要な考え方を身につけ、本物の実践的思考力を養う場を提供します。

[クリエイティビティと地域活性化]
地域の隠れた魅力に光をあて、地域の要素を効果的に組み込んだ深いストーリーの映画脚本作成と、映画と地域資源のコラボによるビジネスプランの作成により、個性あるクリエイティビティを発揮しての地域活性化を目指します。

[実践型クリエイティブワーク演習]
地域映画脚本を練り上げる実践的演習を行います。

閔 庚炫 (min.kyunghyun)
副研究科長
総覧

マーケティング戦略
マーケティング・リサーチ

市場における競争のルールが大きく変わることで、企業が行う諸戦略の変化と共に、マーケティング領域のパラダイムも転換期を迎えている中、今まさに製造業から各種サービス業に至るまで、従来とは異なった戦略的代替案の再検討が求められています。このような時代の変化を踏まえた上で講義では、マーケティング戦略とリサーチの基本的なフレームワークについて、環境変数と消費者心理を戦略立案過程における補完要因の最小単位として捉えつつ解説を行う一方で、様々な考察対象の中から具体的な戦略的課題を見出せるように、マーケティングリサーチにおける調査デザインや集計・分析方法など、リサーチプランニングの全体像に関する理解を深めることで、分析結果を個別戦略に投影していくための具体的な方法論を習得することを学習目標にしています。

板谷 和彦  (itaya.kazuhiko)
教授
総覧

経営管理論
定性的研究方法論
技術経営・イノベーション特論

[経営管理論]企業や自治体などの経営組織においては、必ず基盤となる組織のフレームと管理のシステムが存在します。本講義ではそれらと深く関わる理論・学説と、どのような役割と機能を有するか理解を深めていきます。さらに、事例も示しながら今日における経営と管理のあり方についても考察をはかっていきます。

[定性的研究方法論]社会的フィールドや様々な行動の背後に隠れた「意味」に着目し、これを再構成・理論化するのに有効な定性的研究方法論について学びます。方法論としてのプロセスを解説した上で、プロジェクト研究や様々な機会で実践できるように演習も進めていきます。

[技術経営・イノベーション特論]マネジメントに関わる基本的なフレームと理論に対し、「技術」が関わることによって、何を考慮すべきかに関して考察します。さらに、イノベーションに関する基礎的な理解とともに、イノベーション創出への道筋を先進事例から学んでいきます。

中村 正伸 (nakamura.masanobu)
教授
総覧

アカウンティング
マネジメント・アカウンティング
四国経済事情(地域活性化と地域改革)

アカウンティングでは、会計に期待されている役割を考察します。数年前発覚した内資大手企業や監査法人を巡る会計不祥事を頭の片隅に置く必要はあるものの、そもそも会計の果たす役割について、過去・現在・未来の時間軸で検討したいと思います。マネジメント・アカウンティングでは、その目的である組織のメンバーの「動機付け」を念頭に議論を行います。組織・個々人の責任を明確にして、前向きな気持ちを持たせてやらせてみる、そしてその業績を評価する。その役割を担うのがマネジメント・アカウンティングです。組織は生き残りをかけて変化へ対応する必要があります。そのためにマネジメント・アカウンティングが果たす役割を皆さんと考えたいと思います。

西中 美和 (nishinaka.miwa)
教授
総覧

経営戦略
サービス・マネジメント
四国経済事情 (地域活性化と企業経営)

[経営戦略]
組織が価値を創出し将来展望を考える上で重要な、事業定義の考え方、競争優位を築くための戦略、コア・コンピタンス等に関わる、代表的な経営戦略の理論とフレームワークを、実際の事例を交えながらの講義や、討議を通じて体系的に説明します。さらに、それらを包括的に含む経営戦略策定演習を行います。

[サービス・マネジメント]
サービスには、無形性という性質があり、サービス受益者もサービスの価値共創のプロセスに共同生産者として参加するという特徴があるため、新しい理論体系ができています。本講義では,価値共創、ウェルビーイング、ホスピタリティ、共感、信頼等、サービスシステムを構築するために必要な代表的な理論と方法論を、事例や演習を併用し体系的に説明します。

沼田 秀穂 (numata.hideho)
教授
総覧

意思決定分析
クリティカル・シンキング
研究倫理

あらゆる組織の中における活動において、すべてに意思決定が伴います。中長期の戦略立案も日々のオペレーションにおいても意思決定の連続です。正しい意思決定を行うための思考法、ものごとを多面的に捉えて本質を探し出し、決断を行える論理的思考・発想法を習得するのが「クリティカル・シンキング」の授業であり、具体的な例題を通じて意思決定の実体験をシミュレーションしながら多面的な評価分析手法、シミュレーション方法論を習得していくのが「意思決定分析」の授業です。

三好 秀和 (miyoshi.hidekazu)
教授
総覧

ファイナンス・マネジメント
中小企業ファイナンスと事業承継
ライフプランニング論

フファイナンス・マネジメントの講義対象は企業です。企業経営と金融・資本市場とがどのような関わりをもって経済活動をおこなっているのかを検討します。初学者向けの基本科目であることを踏まえてファイナンスの基本概念が身に着くように講義します。中小企業ファイナンスと事業承継は応用科目です。企業の生成から成長、発展し、株式を公開し上場するまでをファイナンスの3つ(自己資本、借入、ベンチャーキャピタルによる出資)の観点から検討します。受講生は自らシミュレーション上の起業をしながら企業の成長プロセスが体感できます。その成長過程でコーポレートファイナンスの主要な技法を学ぶことができます。さらに、中小企業の課題である事業承継の方法論を学びます。ライフプランニング論は人生をファイナンスの観点から見つめ直す講義です。

佐藤 勝典  (sato.katsunori)
准教授
総覧

社会起業家論
地域活性化と観光創造
四国経済事情(地域活性化と地域資源)

[社会起業家論]
現代社会では、貧困、ニートや障害者など社会的弱者に関する様々な社会的課題が起きている。これらの課題をビジネスの手法を用いて収益を上げながら事業性を兼ね備えて解決しようとする社会起業家に注目して理論と実態の両面から講義を行う。

[地域活性化と観光創造]
四国ツーリズム創造機構と四国経済団体連合会の提供講義である。四国各地を中心として観光関係で活躍するゲストスピーカーに講演してもらう。その後、講演をもとにディスカッションを行うことで、受講生の理解を深め、地域社会や所属する組織での活用を検討する。

島根 哲哉  (shimane.tetsuya)
准教授
総覧

統計分析
都市・環境政策の経済評価
研究倫理

[統計分析]
個人の経験のみによらない客観的な“事実”を理解することが、様々な場面で求められています。“事実”を見つけ出すためには、集めたデータを統計学的な観点から分析することが有用です。この講義では、サンプルデータを分析する実習を交えて、統計学の基礎を理解し、実践的な分析スキルの獲得を目指します。

[都市・環境政策の経済評価]
事実に基づいた判断が、政策決定や経営判断の場で重視されつつあります。そのためには、理論的な知見に基づいて問題をモデル化することと、政策がもたらす結果の変化を明らかにするために定量的にデータで分析を行うことが必要です。この講義ではいくつかの都市・環境政策について経済学モデルを通じて考察し、その成果を定量的に評価する方法を学びます。

長町 康平 (nagamachi.kohei)
准教授
総覧

経済分析
地域経済分析
教員個人ホームページ

[経済分析]
家計・企業等の経済主体の意思決定問題とそこから派生する市場・非市場における諸現象を分析対象とするミクロ経済学を体系的に学びます。経済学の基礎であるミクロ経済学を学ぶことで経済学の応用分野へ進む基礎力を提供すると同時に、経済情勢や経済政策の意義・必要性を大局的な視点から理解する能力を身につけます。

[地域経済分析]
地域(都市を含む)の経済活動を分析するための経済学を学びます。具体的には、なぜ都市が存在するのか、都市の人口規模はどのように決まるのか、といった基本的内容やその他地域の経済活動を理解する際に役立つ視点を学びます。また、都市が世界の貿易拠点である点を考慮し、国際貿易についても経済学的視点から学びます。

吉澤 康代  (yoshizawa.yasuyo)
准教授
総覧

組織行動論
人的資源管理論

グローバル、ダイバーシティが進展する中、多様な「人」といかに向き合い、組織力を高めていくのか。次世代のマネジメントに求められる視点です。そのような「人」に焦点を当てた科目が「組織行動論」「人的資源管理論」です。いずれの科目も理論だけでなく、ケースをもとにディスカッションやグループワークを通じて学んでいきます。

[組織行動論]
個人、集団、組織が陥りやすい課題を整理し、個人の意識・態度・行動(パーソナリティ、コミュニケーション、コミットメント、リーダーシップなど)を活性化し、その集合体となる組織の成果(組織風土、組織変革など)をいかに高めていくのかについて考えます。

[人的資源管理論]
人材マネジメントの古典的な機能は「序列」「評価」「報酬」「配置・異動・昇格」「教育・開発」です。これらの機能は経営のカスケーディング、すなわち組織の「ミッション」「ビジョン」「方針」「戦略」の流れを汲んで運用される必要があり、それを「戦略的人的資源管理」と言います。人材マネジメントの機能を理解し、戦略的人的資源管理について考えます。

山本 靖 (yamamoto.yasushi)
特命教授
総覧

国際経営
事業構想論

[国際経営]香川県を含む四国地方の企業の課題の一つは、海外展開とグローバル・ビジネスをいつ、どうやって進めるのかという点にあります。このチャレンジに必要な国際経営における経営理論ならびに海外進出時のプロセスや意思決定について学びます。国際社会で活躍できかつ企業・組織内で活用できる教養とマネジメント能力を身に付けます。

[事業構想論]起業家活動、ベンチャー企業経営、ファミリービジネス、産官学連携、事業再生、スピンオフ、NPO、起業家精神の背景にある米国哲学等のケース・メソッドによる学習、ゲスト講師の講話から新しい知識獲得、理論書の輪読等を通じて、ビジネスプランあるいは小論文を論述できる能力、学会で研究発表できる能力を身に付けます。

   
徳倉 康之 (tokukura.yasuyuki)
特命准教授
総覧

ライフアントレプレナーシップ

本講義では地域特性、課題解決、経営者個人の思考、経営の継承等により「新しいスタイルの経営者」の存在が散見されるようになりました。そこでこの新しいスタイルの経営者を「ライフアントレプレナー」ととらえ、地域における起業・創業・複業・継承の在り方を学び、起業家マインドやそれを支える地域リーダーの養成を目指します。

このライフアントレプレナーとは「個人のライフ(生活)から社会にイノベーションを起こし、自分と周囲の人生を豊かにそして満足できるものに変える起業家。成熟社会においての起業家タイプの一つ」と定義し授業を進めます。授業では実際の経営者をお招きし、事業内容の説明はもちろんの事、院生との対話の時間を取り率直な議論を交わす事も想定しています。

 


■客員教授

  

  志田 慎太郎 (元東京海上日動リスクコンサルティング株式会社 顧問)

  天雲  俊夫 (香川県信用保証協会 会長)

  國村   年 (國村公認会計士事務所 所長)

●教員のメールアドレスについて
各教員の項目に氏名とメールアカウント名を「氏名 (アカウント名)」の形式で記載しています。
メールアドレスは「アカウント名@kagawa-u.ac.jp」となります。

総覧をクリックすると教員の研究業績等が表示されます。