地域マネジメント研究科は、2004年4月に中国•四国地域で初めて設立された経営系専門職大学院(ビジネススクール)であり、このほど10周年を迎えました。理論と実践の融合を通じて、企業や行政、NPOなど私たちの住む地域の様々な場で中核となり、地域活性化に貢献するリーダーの養成を目的としています。標準修業年限の2年で経営修士(専門職)= MBAを与えます。2013年度までに300人余りが修了し、四国内外で活躍しています。

専任教員は、経営・会計領域のみならず、地域科学・行政分野の優れた研究業績や実務経験を有する者からなります。非常勤教員は、行政関係では香川県知事や高松市長をはじめ、四国財務局長や四国経済産業局長等、国の出先官庁や自治体トップが教鞭をとります。経済関係では、四国を代表する企業経営者や全国企業の支店長、野村證券などから、また地域おこしで活躍するカリスマ的リーダーなど多彩な講師を迎え、教育プログラムの充実を図っています。

学生諸氏の多くは、地元の企業や自治体で仕事をしながら熱心に学ぶ社会人学生です。このため、平日(月曜~金曜)は夜間に開講するほか、土曜にも授業科目を設定しています。また、夏季休業期間にも、複数の集中講義を受けることができます。このため、仕事を続けながら多くの学生が勉学とうまくバランスを取っています。また学部を卒業したばかりの方や、定年退職後にもう一度学びたいという方々にも広く門戸を開いています。■第1時限/18時20分~19時50分■第2時限/20時00分~21時30分

いま地域で求められているのは、民間企業と行政、NPOなど異なった立場にある組織の連携です。もっとも日常の業務のなかでは、異業種や異分野の人々と顔見知りになる機会が意外に少ないのが現実です。本研究科では、学生諸氏が学びの場を通じて志を同じくし、世代を越えた人的ネットワークが形成されます。こうした貴重な絆は、通常の講義でのグループごとのディスカッションをはじめ、1年次に行われる学生主催のシンポジウム、夏季合宿、グループに分かれてのプロジェクト研究など、多彩な交流の機会が教育プログラムにあらかじめ組み込まれているからです。

専任教員1人あたりの学生数は、1学年あたり約3人です。このため、学生ひとりひとりの問題意識や解決したいテーマに応じ、きめ細やかな教育指導が可能となっています。また、専任教員があらかじめ決められた学生諸氏に対し、履修登録や研究について相談を受けるアカデミック・アドバイザー制度も設けています。このため、入学時代から学生諸氏の不安を解消し、ニーズに沿った指導や提案を行うことができる体制が設けられています。また本研究科の教育の仕組みの特徴は、ひとりの教員が研究室を構え、学生諸氏が所属する従来の大学院スタイルではなく、複数名の教員がグループとなって教育に知恵を出し合う点にあります。

本研究科では勉学と研究の仕上げとして、2年次に仕事上や地域に関する課題の解決をめざす「プロジェクト研究」に取り組みます。プロジェクト研究には大別すると、理論を基礎としながら実態の課題解決とを接合する文字通りの「研究」と、新規事業やマーケティング手法等に関する「ビジネス・プラス」の策定があります。年度末には、このプロジェクト研究の成果を地域社会に還元するため、一般に向けた報告会を開催しています。また研究内容の詳細は、研究科独自の情報誌にも掲載します。大学内の閉じた世界でなく、広く四国内外の地域社会に研究成果を発信する点に特徴があります。