Voice 在校生の声

Cace-08 
山野 憲彦 Norihiko Yamano 
地域マネジメント研究科16期生 (香川大学法学部卒業、香川県庁総務部人事・行革課)

あの日…あの時…この場所で…「学生」やってます!

皆さんは2~3時間あれば何をしますか?仕事終わりなら飲み会や趣味、家族との団らん、休日の朝なら二度寝もいいかも。
私は、家族や職場の協力と理解により、大学院で授業を受けています。

授業は、先生の話を一方的に聴くだけでなく、業種も年齢も様々な学生同士で意見交換し、共にプレゼンを行う授業などもあります。

時には、意見が衝突することもありますが、お互いの考えを尊重し、前向きに「問題解決」へとスイッチすることで、新しい扉が開かれます。
授業がなければ、その時間をもっと有益に使えたかも…と後悔する暇がないほど、刺激的な知識と先生と仲間達に出会うことができます!

スケジュール

Cace-07 
ブィー・マン・クォン Bui Manh Cuong 
地域マネジメント研究科16期生 (四国学院大学文学部人文学科英語専攻卒業、株式会社百十四銀行)

自己を変革し、自分の市場価値を高めよう!

常に変化している社会の中にいる自分も変革しなきゃと思い、入学を決意しました。 多様な職種の同期にふれあえることと最新の経済事情を提供してくださる先生方のおかげで、 大学に行くことがワクワクの毎日です。

仕事と勉学の両立で大変ハードなスケジュール に追われていますが、協力してくれる職場の同僚、理解してくれる家族に感謝しています。

この貴重な2年間をたくさんの知識を身に付け、自分の市場価値を高めていきたいです。

スケジュール

Cace-06
鴨居 真理子 Mariko Kamoi
地域マネジメント研究科16期生(立教大学経済学部経営学科卒業、西日本放送株式会社)

Q. 香川大学ビジネススクールへ入学した動機と目的を教えてください。

A.人生100年時代。折り返しを迎えた今、自分の生き方を見直し、人生後半を見据えた学び直しのチャンスの時だと感じています。長年の経験に基づいて感覚的に捉えていたビジネスを体系的に学び直し、言語化、モデル化することでより効率的に発展させ、地域の活性化に貢献できるのではないかと考え、入学しました。

Q. これまでの学生生活の中で、特に印象的な授業やイベントを教えてください。

A.シンポジウムや合宿に加え、授業でのグループワークが印象的です。ビジネスの理論や知識、論理的思考に加え、協調性や互いを思いやる力、コミュニケーション、タイムマネジメントなど様々なことを学べる仕組みが構築されています。さらに、互いにリスペクトし、励まし合う仲間ができます。社会で活躍しながら学ぶ姿、溢れる情熱に大きな刺激を受け、時に感動すら覚えます。

Q. これから入学を考えている方々にアドバイスをお願いします。

A.キャリアを積むと新しいことへの挑戦に臆病になりがちですが、純粋に学びたい気持ちを大切にすれば、一歩を踏み出せます。その一歩は、想像すらしていない新しい人生を切り拓き、好転させる「未来への一歩」です。ここには「人生を変える学び」があります。私も劇的な内面の変化を実感しており、自信を持ってお勧めできます。ぜひ、あなたも「一歩」を踏み出して下さい。

Cace-05
市原 帆乃佳 Honoka Ichihara
地域マネジメント研究科16期生(岡山理科大学総合情報学部社会情報学科卒業)

Q. 香川大学ビジネススクールへ入学した動機と目的を教えてください。

A.元々地元は香川県だったのですが、大学では進学を機に岡山県に出ました。学部では、主にPBL(産官学連携)の課題解決型授業をメインに取り扱うゼミで、PBLを行っていくうちに、学生目線で様々な地元の企業の方達に実際にプレゼンを行い、ゼロから自分達でプランを練って形を作り上げていくのを面白いと感じるようになりました。PBLを通して地域活性化に関心を寄せるようになり、自分も何か自分の地元に貢献することがしたいと考えるきっかけになりました。そんな中、ゼミの教授からこのビジネススクールの事を聞いて、様々な職種の方々と共に勉強をできる事は自分にとって刺激になり、ビジネスの実践的な知識や多くの事を学べるのではないかと考え入学を決めました。

Q. これまでの学生生活の中で、特に印象的な授業やイベントを教えてください。

A.特に印象深いイベントは地域マネジメント研究科16期生で一丸となってやり遂げたシンポジウムです。各チームに分かれて経理など分担を決めました。自分は、広報の担当でシンポジウムの宣伝をSNSや告知サイト・テレビ出演などで行っていたのですが、見ている人たちが行ってみたいと感じてもらえるような文章を考えることは難しく悩みましたが、周りの方々に協力してもらいながらなんとか無事にやり遂げることができました。多くの人達とより良いシンポジウムにしたいと、話し合い協力しながら最終的にやり遂げた時は何事にも代え難い達成感を得ることができました。

Q. これから入学を考えている方々にアドバイスをお願いします。

A.新卒の方達にとってビジネススクールというのは、未知のものであり社会人の方が多く集まる場所であると考えられていますが、実際は新卒で来る学生も少数ですがいます。年齢や職種の違う地域で活躍されている方々と対等な立場で共に勉強できることはとても刺激になり、なかなか経験できることではないと感じます。また、地マネに通う学生の方達や先生は皆さん新卒としての自分の意見も積極的に聞いて求めてくださります。私も最初通う前はやっていけるかなと不安に感じていましたが、充実した学生生活を送っています。多くの事を積極的にやらせてくれる環境なので、入学を検討されている学生の方にはぜひお勧めしたいです。