長期履修学生制度




長期履修学生制度について

長期履修学生制度の対象となるのは、有職者であることにより社会人選抜に出願し、合格したもので、職業を有している等の事情により、研究科の標準就業年限を越えて、一定の期間にわたり計画的に教育家庭を履修することを希望するものです。

この制度では、2年間で設定されている教育課程を4年間を上限として履修計画を立て、長期履修学生として在籍することか可能です。長期履修学生として認められた場合の授業料は、履修期間にかかわらず原則として2年間に支払うべき授業料総額を3年間又は4年間に分割して支払うことになります。

長期履修学生制度の適用を希望するものは、入学試験の出願時に希望の有無を記してください。

なお、希望する場合は、事前に下記にお問合せください。

また、合格者は合格発表後、面談を受けてもらうことになります。

問い合わせ先
     香川大学法学部・経済学部学務第二係 TEL(087)832-1813